断食療法|断食 ダイエット

ダイエットに効果的な断食方法や、プチ断食など、様々な断食の方法・やり方をご紹介!

断食療法について

断食療法としてはいくつかの種類、方法があります。

まず、西式断食療法では、断食日数を少しずつ増やしていきながら約1年間行います。

男性は2日、4日、6日…偶数で断食していきます。

女性は3日、6日、9日…奇数で断食します。

断食数日前から少しずつ食事の量を減らし、前日には1食のみか汁物のみ摂るようにします。

ゆっくりと減食することで腸の収縮が抑えられ精神的にも楽に断食に入ることができます。

断食に入ると、薄い精米湯を飲んだり半粥、野菜スープなどを摂ります。

断食後の回復期には、ゆっくりと時間をかけて良くかんで食べ、お粥や消化のいい和食中心の食事にします。

また、半日断食や1日断食などでは朝食を抜いて野菜ジュースやにんじんジュース、生姜紅茶を飲んだりします。

期間が短く手軽にできる断食もありますし、本格的に宿泊してアドバイスを受けながら行う断食もあります。

断食療養施設としての宿泊場所もあります。

このような断食療法では、体の臓器(特に胃や腸)を休ませることで不必要なものを解毒する作用があります。

体の中からきれいになって楽しく健康な生活を送りましょう。

おすすめの断食ダイエット

断食ダイエット

TVで話題の「酵素飲料」でダイエット!詳細はこちら


断食ダイエットガイドTOPへ

断食ダイエット

断食ダイエットガイド

断食の効果

断食の方法

断食のメニューと期間

断食と健康

断食のいろいろ

当サイトについて