生命保険 受取人|生命保険選び方ガイド

オススメの生命保険、生命保険の見直し、生命保険の無料相談、生命保険の比較、口コミ情報などをご紹介!

生命保険の受取人

生命保険は受取人に指定された人だけが受け取ることができ、相続財産とは違って、受取人の固有の財産となり、相続人で分けることができません。

生命保険の死亡保険金は、財産を残してあげたい人に確実に受け取ってもらうことができるのです。

また、多額の借金があるため相続を放棄した場合でも、生命保険の死亡保険金の場合、相続財産ではないため受け取ることができます。

ただ、相続税などを生命保険などで準備する場合など、受取人を一人に指定してしまうと、他の相続人が相続税の支払いに生命保険金をあてられない不都合なども生じることがあります。

生命保険の受取人は、存命中はいつでも変更することが可能ですが、死亡後には不可となりますので、熟考の上、受取人を分割しなくて不都合はないかなど、受取人の確認などをしておくと良いでしょう。


生命保険選び方ガイドTOPへ

生命保険選び方ガイド

生命保険の知識

生命保険について

当サイトについて