生命保険 相続|生命保険選び方ガイド

オススメの生命保険、生命保険の見直し、生命保険の無料相談、生命保険の比較、口コミ情報などをご紹介!

生命保険と相続

生命保険は相続財産とは違い受取人の固有の財産となるため、相続人で分けることはできません。

また、財産ではないため、借金額が多いなどで相続放棄した場合でも、生命保険の死亡保険金は受け取ることができるため、財産を残したいと希望する人に、確実に死亡保険金を渡すことができます。

また、生命保険を上手に活用することで、納税資金対策としたり、相続税対策とすることもできます。

財産が持ち家くらいしか無い場合、相続税が納付できない可能性がある場合などにも、相続人を受取人にした生命保険に加入しておくことで、対策となります。

ただ、相続税対策として生命保険で準備する場合、受取人を一人に指定してしまうと、他の相続人に分割支払いできないため、受取人以外の相続人は相続税の支払いに生命保険金をあてられない不都合なども生じることがあります。

熟考の上、生命保険の受取人を分割しなくて不都合はないかなど、受取人の確認などをしておくと良いでしょう。


生命保険選び方ガイドTOPへ

生命保険選び方ガイド

生命保険の知識

生命保険について

当サイトについて